味よし、鮮度よし、価格よし!糸島「伊都菜彩」の隣にある、理想のうどん屋「まるいとうどん」

味よし、鮮度よし、価格よし!糸島「伊都菜彩」の隣にある、理想のうどん屋「まるいとうどん」

みなさんは「伊都菜彩」という産直市場をご存知ですか?

伊都菜彩は、糸島が誇る巨大な産直マーケットで、その売り上げはなんと日本一。
年間135万人もの人々が、糸島産の野菜や肉、果物や花を買うためにこの伊都菜彩にやってきます。

今回筆者が訪れたのは、そんな伊都菜彩の敷地内にある美味しいうどん屋「まるいとうどん」さんです。

うどんの麺には糸島産小麦、天ぷらには糸島産野菜を使用!シャキシャキで新鮮なネギがおいしい!

西九州自動車道の周船寺ICから車で9分。または、JR九州筑肥線の波多江駅から徒歩約15分。

まるいとうどん」さんがある伊都菜彩は、西九州自動車道の下を走る福岡前原道路沿いにあります。

土日祝はもちろん、平日の午前中でさえも多くのお客さんで賑わっている「伊都菜彩」。

車で訪れた場合は駐車に困ることもありますが、平日であればお昼時より少し早く行けば意外とあっさり駐車することができます。

 

お店の場所は、トイレを目印にするとわかりやすい

「まるいとうどん」さんは伊都菜彩の敷地内でも奥の方にあるので、なるべく奥の駐車場(トイレの近く)に駐車するとお店が近くて便利です。

下の写真は「まるいとうどん」さんの位置を簡単に示したもの。

ちょっとわかりにくいところにありますが、伊都菜彩の建物の左側で、トイレの近くと覚えておけば、迷うことはないでしょう。

上の写真の左奥が「まるいとうどん」さんになります。さっそく中に入ってみましょう!

(※通常は店内は撮影禁止ですが、今回は特別に許可をいただいて撮影しました。)

 

良心的な価格設定

写真を見るとわかるように、このお店の価格設定はかなり良心的

いちばん安いミニうどんが140円で、もっとも高い大盛りざるうどん定食でも700円です。

大抵のうどんは、600円程度あれば何でも食べられます。

店内をさらに見ていくと、写真つきで紹介されているメニューもいくつかありました。

 
糸島の主要なスポットが記された地図もあります。

うどんを食べながら「へー、こんなところがあるのか。今度行ってみよう!」と糸島の情報を入手できるなんて、最高ですね!

このお店は日本一の産直マーケット「伊都菜彩」の敷地内にあるので、全国からやってくる人々のために、このようなマップを配置しているのでしょう。

 

うどんを注文しよう

このお店は食券制なので、うどんを食べるにはまず食券を買う必要があります。

食券期はお店に1台で、お支払いは現金のみ

メニューは上から、うどん→そうめん→トッピング→持ち帰り商品となっていますが、現在、お持ち帰りは推奨していないとのこと。

お持ち帰りの購入を考えられている方は、購入前にお店の方に確認してみてくださいね。

食券を買ったら、奥にあるカウンターでお店の人に食券を渡します。

筆者は「うどん定食かしわめし」を食べることにしました。

食券を渡すと番号札がもらえるので、自分の番号が呼ばれるまで席に座って待ちます。

混んでいるときは、呼ばれるまでに少し時間がかかることもありますが、辛抱強く待ちましょう♪

カウンターの上には大きな文字で「米・茸・魚・牛・豚・鶏」と書かれています。

なかなか味のある字ですね~。
 

 

うどんを実食!

10分ほど席で待っていると、番号を呼ばれたので受け取りに行きました。

カウンターの上に自分が注文した「うどん定食かしわめし」が置いてあり、「ネギの量はどうされますか?」と聞かれたので「大盛りで!」と答えると、下の写真のようにたくさんかけてくれました。

 

●うどん定食かしわめし 550円(税込)

それではさっそくいただきます!まずは、たくさんかけていただいたネギから。

「うん、シャキシャキしていておいしい!大盛りにしてよかったな~。」

「ネギが新鮮だ」とはあらかじめ噂に聞いていましたが、思っていた以上にシャキシャキで美味しかったです!

お次は、うどんの横にあるかきあげを。糸島野菜を使ってあり、サクサクしていて美味でした。

「めんつゆにつけて食べたら、さらに美味しいだろうな」と、ふと思いました。

それでは、メインのうどんを食べていきましょう。

「まだ温かいな…お、モチモチしてる。うまい!」

実に食べ応えのあるうどんでした。ちなみに、うどんの麺には糸島産小麦が使ってあるとのことです。

 

持ち込みも可能!

こちらの「まるいとうどん」さんには、伊都菜彩で買った弁当やスイーツを持ち込むこともできます

弁当などを温められるように、お店に入ってすぐ左のところには電子レンジが置いてありました。心配りが行き届いていますね。

 

昼前に行くのがおすすめ

うどんを食べていると、11時半ごろからだんだんお客さんが増えてきました。

筆者が入店した11時ごろはそんなに人がいなかったので、混雑を避けたい場合は11時前後に行くのがおすすめ

あるいは、昼食の時間を遅らせて14時すぎなどに行ってみると案外少ないかもしれません。

 

理想のうどん屋さん

今回訪れた「まるいとうどん」さんは、価格が良心的で、ネギは新鮮で、糸島野菜を使ったかきあげや糸島小麦を用いたうどんもおいしく、まさに“理想のうどん屋さん”でした。

ちなみに、お店で使われているうどんの麺は、伊都菜彩で買うことができます。お値段は5食入りで550円(税込)

また、お隣の伊都菜彩で買った食べ物を持ち込むことができるので、伊都菜彩に買い物に行ったついでなどに、ぜひ一度寄ってみてください!

INFORMATION

店名:

まるいとうどん

住所:

福岡県糸島市波多江 567-1(JA糸島産直市場 伊都菜彩 敷地内)

電話番号:

092-324-3131

営業時間:

9:00~18:00

定休日:

年始

一人当たりの予算:

〜¥1,000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

 

WRITTEN BY
おぬま

おぬま

学生ライター

九州大学文学部の2年生。親の転勤で福岡・佐世保・佐賀と移り住み、糸島歴2年にして志摩・高田・前原の3地域に身を置いた“ザ・旅人”。田原俊彦や松田聖子など昭和の歌手が好きで、コンサートにも行っている。趣味は踊り、読書、カラオケ、サイクリングなど。「おぬまの糸島探検記」というブログや「おぬまのダンスパラダイス♬」というYouTubeチャンネルを運営している。