糸島ハロークラフト
糸島ハロークラフト
糸島・箱島神社のすぐそば!コンテナの小さなソフトクリームショップ「3base」がオープン!

糸島・箱島神社のすぐそば!コンテナの小さなソフトクリームショップ「3base」がオープン!

海に浮かぶように立つ姿が有名な糸島の観光スポット「箱島神社」。
そのすぐそばに、コンテナで営業する小さなソフトクリームショップがオープンしました!

普通とは一味違ったコクのあるソフトクリームと淹れたてのコーヒーが楽しめる、ドライブにもぴったりなお店です。

どこか懐かしい、素朴な味わいのソフトクリームを販売

白いコンテナとソフトクリームの置物が目印

ソフトクリームショップ「3base(スリーベース)」さんは、2022年11月、糸島の西側、箱島神社すぐそばの場所にオープンしました。

西九州自動車道・前原ICからは車で10分ほどで到着します。

白い小さなコンテナと喫茶店などでよく見かけるソフトクリームの置物が目印。この日はオープン初日ということもあり、お祝いのお花がたくさん届いていました。

202号沿いにあるお店は、目の前に海を臨む絶景のロケーション!

また、駐車場が広いというのもドライバーにとってはうれしいポイントです。

 

シンプルで落ち着いた店内

「3base」さんはテイクアウト専門店。糸島出身の女性が店長を務めています。

シンプルなデザインの店内を見回すと、ところどころにセンスの光るインテリアが。カウンターに置かれた手のひらサイズのスピーカーからは流行りのJ-POPが響き、雰囲気のよさを感じました。

「のんびりやらせてもらっています」と店長さん。現在、営業日は月8日間ほど。

不定休で営業時間も限られているため、訪れる前にお店のインスタグラムで営業日を確認してほしいとのことでした。

たまたまお店のオープン時間に立ち寄ることができたら、それはとってもラッキーな人かも!

 

オススメはソフトクリームとコーヒー

お店で提供しているメニューは、ソフトクリームを中心にドリンクなど6種類。ぜひ食べてみてほしいのが看板メニューのソフトクリームです。

まず驚くのがその見た目。ソフトクリームといえば真っ白な見た目を想像しますが、3baseさんのソフトクリームはオレンジに近い黄色なんです!

●ソフトクリーム 400円(税込)

受け取って私もびっくり!ソフトクリームのなかでも「ミュクレ」という名前の商品で、調べてみるとかなり昔から愛されているロングセラー商品のよう。

一口食べてみると、確かにどこか懐かしい味。ミルク感たっぷりでなめらか!という一般的なソフトクリームに比べて、少し硬めの食感で素朴な甘さが舌に広がります。

個人的には、長崎の名物・チリンチリンアイスを思い出すような優しい味でした。

このソフトの特徴は、乳脂肪の絶妙なコク。食べた人によっては「コーヒーみたい」「うっすらきなこの味」といろいろ感じるみたいです。

●ハンドドリップコーヒー 400円(税込)

ソフトクリームのお供に頼んだこちらのホットコーヒー。注文すると1杯ずつその場で淹れてくれます。

使っているのは、ハワイの有名なコーヒーブランド「ライオン・コーヒー」のバニラ&マカダミアフレーバー。

口に含むとバニラとマカダミアの甘~い香りが広がり、アロマに癒される…。そして何よりとっても飲みやすい!

酸味が強すぎず、ごくごく飲めてしまう。コーヒー好きの店長さんが一口飲んで虜になってしまったというのもわかります。

カップにははんこ風のロゴがデザインされていて、これもまたかわいい。

暑い時期には冷たいコーヒーやコーラにソフトクリームが乗ったフロートがオススメです!

テイクアウト専門店のため店内にイートインスペースはありませんが、お店の目の前には簡易的なベンチが設置されているので、潮風を感じながらここでまったりするのもいいかも。

 

海を背景に映える写真を狙おう!

3baseさんの魅力は、やっぱり海沿いにあるということ。綺麗な海をバックに商品を撮影すれば、糸島を満喫しているオシャレな1枚が狙えます!

店長さんにお話を聞いたところ、今後は夏に向けてメニューをさらに増やしていくほか、糸島で採れた新鮮な野菜を販売したいと考えているそう。

「箱島神社を訪れる際や糸島ドライブの途中に、お気軽にお立ち寄りください!」と話していました。

これからがとっても楽しみなお店ですね!

INFORMATION

店名:

3base

住所:

福岡県糸島市二丈浜窪397-1

電話番号:

なし(問い合わせは公式インスタグラムのDMへ)

営業時間:

12:00〜16:00

定休日:

公式インスタグラムにて告知

一人当たりの予算:

~¥1,000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

 

WRITTEN BY
中山 さおり

中山 さおり

公認ライター

放送局の記者を経て、現在はライターとして活動中。東北生まれ、東北育ち。2022年、東北を飛び出し九州・福岡へ。料理とサッカー観戦(主にJリーグ)をこよなく愛する。休日や天気のよい日には、愛車で糸島をドライブし、美しい風景やグルメを開拓中。