糸島ハロークラフト
糸島ハロークラフト
まるで“食べる濃厚ジュース”!糸島・小富士で期間限定移動販売している佐賀みかん

まるで“食べる濃厚ジュース”!糸島・小富士で期間限定移動販売している佐賀みかん

志摩小富士の弁天橋付近に、濃厚な甘さのみかんを積んだ移動販売トラックが、期間限定で佐賀からやってきます。
ジューシーで甘みたっぷり、量もたっぷり!見かけたらぜひ覗いてみてください。

見つけたらラッキー!?期間限定で移動販売している、甘くておいしい佐賀みかん

毎年心待ち。濃厚な佐賀みかんの移動販売

寒くなってくると、毎年我が家で話題になるのが「みかん、もう来てるかな?」。

数年前に偶然見つけた佐賀みかんの移動販売トラック。

リーズナブルな値段と驚くほど濃厚な甘さに魅了され、今では毎年家族で楽しみにしている冬の風物詩です。

トラックが停まっているのは、通称「志摩サンセットロード」(県道54号)沿い。

小富士の交差点を、写真奥方向(芥屋方面)に650メートルほど進みます。

ちなみに、写真の交差点を左折すると「弁天橋」がありますよ。

昭和バス・芥屋線「小富士」停留所のすぐそばの空き地に、「みかん」ののぼり旗とトラックが見えてきます。

 

 

笑顔で迎えてくれるのは気さくな松元さん

毎年この場所でみかんを販売しているのが、気さくな笑顔のおしゃべり上手、松元さんです。

声を掛けると、「お、こんにちは!」と、今年も明るい声で笑いかけてくれました。

 

実際に味を確かめてから仕入れ。おいしいみかんを佐賀から運ぶ

松元さんがこの場所でみかんを販売するのは、毎年10月末から翌2月ごろまで。大量のみかんをトラックにのせ、佐賀から通っています。

期間中はほとんど毎日、10時ごろから17時ごろまでいますよ。あ、でも、雨が強かったら来ない日もあるかも。ハッハッハ」と、松元さんは豪快な笑顔。

販売しているみかんは、社長が直接農家に出向いて味を確かめ、特においしいものを複数の農家から仕入れているのだそう。

なるほど、だからあんなに甘いのね、と妙に納得してしまいました。

 

どのサイズも1袋500円!

取り扱うみかんは、季節により、温州みかんやデコポンなど。

大・中・小のサイズごとに袋詰めされ、どれでも1袋500円と格安!たっぷり2キロほど入っていますよ。

松元さんがその場で袋詰めしているので、痛んだものが入っていないものうれしいポイント。

表面に傷があるものは、なんと5キロで500円。もちろん味には問題ありません。

 

常連さんが次々に。松元さんとの会話も楽しみ

取材中も、お客さんが次から次にやってきて、みかん片手に松元さんとの会話を楽しんでいました。

我が家同様、毎年楽しみにしている人も多いそうで、福岡市内からわざわざ買いに来るお客さんもいるのだとか。

「やっと来てくれた!待ってたんよ〜」

「ここのみかんが甘くておいしいのは分かってるけん、味見はせんでよかよ」

など、毎年うれしい言葉をかけてくれるそうです。

つい先日は、たまたま立ち寄った東京からの観光客が、「わぁおいしい!それに、東京だったらこの倍の金額はするんじゃないかな」と目を丸くする一幕も。

「おいしいって喜んでもらえると、やっぱりうれしいですね。お客さんとのちょっとした会話で、自分も元気をもらってるんよ」

松元さんは、顔をくしゃくしゃにして楽しそうに話してくれました。

 

ジューシーなみかんは、まるで“食べる濃厚ジュース”!

今回は大サイズと小サイズを購入しました。

どちらのみかんもとっても濃厚!

口に入れた瞬間に、濃い果汁がドバッと押し寄せ、まるで「食べる濃厚ジュース」。

大サイズ

13センチ前後のものが10個入っていました。

柔らかくて、とってもジューシー!

切ったそばから果汁があふれ出します。

●小サイズ

8センチ前後のものが26個も!

皮が柔らかく、ずっしりと身が詰まっているため、半分に割ったら皮がぺりっと剥がれてしまいました。

それくらい、とってもジューシーです。

 

あっという間に完食

「おいしい、おいしい」と、家族4人で競うようにして食べたので、たった3日で全部食べてしまいました。

これもまた、毎年お馴染みの光景です。さ、また買いに行かなくちゃ!

WRITTEN BY
koume

koume

ライター

出版社勤務・秘書を経て、ライターとして活動する2児の母。 2012年に関東から糸島に移住し、何を食べてもおいしいこと、人生を楽しんでいる人が多いこと、移住者を当たり前のように受け入れてくれることに衝撃を受けました。「移住者」目線と「生活者」目線で、ほっこり温かい糸島をお届けします。