糸島ハロークラフト
糸島ハロークラフト
バイキングが800円!?糸島・王丸にあるうどん×バイキングが楽しい「王丸の駅」

バイキングが800円!?糸島・王丸にあるうどん×バイキングが楽しい「王丸の駅」

「800円でバイキングが楽しめる」

そう聞いてあなたはどう思ったでしょうか。恐らく多くの方がこう思ったでしょう、「マジで?」と。

1,000円〜2,000円が相場と言われるバイキングが、「800円」で楽しめる。しかもただのバイキングではなく、福岡県民が愛してやまない「うどん」のバイキングだとか。

にわかには信じがたい情報を耳にした筆者は、さっそく真実を確かめるべく取材を敢行。

結論から言うと、「これで800円は安すぎる!」というくらい、大満足のバイキングでした。

詳細をレビューするので、ぜひあなたのその目で真実をお確かめくださいっ!

丸天もごぼ天もトッピングし放題!その名もバイキン“具”うどん!

王丸の駅さんまでのアクセス

うどんバイキングが楽しめる「王丸の駅」さんは、県道56号(福岡早良大野城線)沿いにあります。

以前下記の記事で紹介した「ファームパーク伊都国」さんから、三瀬方面に車で5分ほど進むと到着します。

公共交通機関で行く場合は、糸島コミュニティバス(川原線)が便利。「王丸」で降車すると、すぐ目の前が「王丸の駅」さんです。

そんな「王丸の駅」さんの外観が、コチラ。

道の駅みたいな外観をしていますが、紛れもなく「うどん屋」です。ちなみに、駐車場は10台ほど停められます。

周囲はのどかな田園風景が広がっており、景色を見てるだけでも癒やされます。個人的に大好きなシチュエーションですね。

では、さっそく入店してみましょうっ!

 

店内の雰囲気

店内にはテーブル席の他、小上がり席も完備。1人でもグループでも、ゆっくりと食事を楽しめそうです。

また、販売スペースも併設されており、食品から雑貨までよそではあまり見かけない珍しい商品販売されています。

中には「若い女性の書家直筆」のメッセージカードなども販売されていて、思わず「いや、誰やねんっ!」とツッコミを入れたくなるほど。(笑)

しかし、あくまでも筆者の目的はお土産の購入ではなく「800円のバイキング」を確かめること。

販売商品のレポートもほどほどに、注文カウンターへと向かいましょうっ!

 

うどんは6種類から選択

王丸の駅さんでは、まずこちらの注文カウンターでメニューを選び、先払いで会計します。

一般的なうどん屋のように、着席して注文するスタイルではないためご注意を。

メインとなるうどんは、以下の6種類から選べます。

●温かい「うどん」 800円

●温かい「ぶっかけうどん」 800円

●冷たい「サラダうどん」(夏季限定) 800円

●冷たい「ざるうどん」 800円

●温かい「そば」 850円

●冷たい「ざるそば」 850円

※価格はすべて税込

すごい!本当に800円のうどんを頼めば、バイキングが楽しめるじゃないかっ!

しかも、ちゃんと「そば」があるのもうれしいポイント。「そば派」の方も安心してバイキングを楽しめそうです。

いや、待って!よく見たらとんでもないメニューがありましたっ!

●お子様うどんセット(おもちゃ付) 500円

おいおいウソだろっ!6歳まで(未就学児)のお子様であれば、500円でバイキングが楽しめるじゃないかっ!

しかも「おもちゃ」「100%アップルorオレンジジュース」付き。なんて親子連れに優しいうどん屋なんだっ!

王丸の駅さんのコスパの高さに驚きつつ、ここはとりあえず「温かいうどん」を注文します。

支払いを終えたら、カウンター横にある小皿と使い捨て手袋(エンボス)を取り、席へと向かいましょう。

うどんを待つ間にバイキングメニューを選ぶと、効率が良さそうです。

 

和惣菜からスパゲッティーまで!豊富なバイキングメニュー

正直な話、「800円のバイキング」と聞いていたため、多くても10種類くらいのバイキングメニューだろうと思っていましたが…。

和総菜はもちろん。

天ぷらも。

スパゲッティーまで!

10種類どころか、倍の20種類以上はあるじゃないかっ!これは最初に何を選ぶか迷いますね…。

店員さん「お待たせしました〜!」

おっと!早くもうどんが出来たようです。とりあえずうどんをテーブルへと運びましょう。

温かい「うどん」 800円(税込)

サ・シンプルなうどんですね。これだけでも十分美味しそうですが、完全体ではありませんここからどうおかずをトッピングするかで、うどんの完成形が決まります。

さあ、ここからは時間との戦いです。悠長にトッピングメニューを選んでいると、チェンソーマンでデンジがマキマさんと食べていたような、伸び切ったうどんを食べるハメになります。

 

バイキン“具”うどんの完成形がコチラ


できたっ!

お待たせしました。バイキング“具”うどんの完成形がコチラですっ!

「鶏の竜田揚げ」「ごぼう天」「さつまいも天」「野菜のかき揚げ」を豪快にトッピング!

最後にバランスを考えて「わかめ」をトッピングすれば、筆者特製「鶏のごぼうさつまいも野菜のかき揚げ天うどん」が完成です。(笑)

やや麺が出汁を吸ってしまいましたが、これくらいなら問題ありません。では、さっそく筆者特製「鶏のごぼうさつまいも野菜のかき揚げ天うどん」をいただきますっ!

ズズズッ!ズズズッ!

うんまっ!さすが筆者特製「鶏のごぼうさつまいも野菜のかき揚げ天うどん」だっ!

つるつると喉越しの良いうどん麺に、あっさり系のお出汁。それに各種天ぷらのカリッとした食感と旨味が出汁に溶け込むことで、味に深みを出しています。

そして、何よりも「自分で完成させた」うどんを食べるうれしさ。普通のうどん屋では味わえない楽しさがありますね。

しかもバイキングメニューのため、トッピングし放題。まさに夢のようなうどん屋です。

もちろんトッピングだけではなく、惣菜メニューもいただきます。

恐らく「うどん」と「スパゲッティー」が同時に楽しめるうどん屋は、世界広しといえども「王丸の駅」さんだけではないでしょうか。(笑)

また惣菜メニューには「季節限定」で登場するメニューがあり、筆者が訪れた12月初旬には「菊芋の甘酢漬け」が並んでいました。コチラもぜひおすすめの一品です!

 

弁天様が宿る地下深層水「王丸の恵」

王丸の駅さんでは、オーナー自らが掘り当てたという地下深層水「王丸の恵」の湧き水を販売しています。

2リットルあたり10円という破格の値段で販売されており、実際に筆者が訪れた際も常連さんが水を汲んでいました。

もちろん店内でセルフサービスとなっているお冷も、王丸の恵の地下深層水を使用しています。

ただし、出水量はかなりのスローペースです。もし水を汲む際は、ある程度時間にゆとりを持って利用するのをおすすめします。

 

まとめ

800円でバイキングが楽しめる、コスパ抜群のうどん屋「王丸の駅」さんを紹介してきました。

「ごぼう天マシマシのうどん」「わかめ鬼盛りのうどん」など、好きな具材を好きなだけトッピングできるのが、バイキン“具”うどんのうれしいところ。

またトッピングメニューだけではなく、和食を中心とした惣菜メニューも充実しています。

さまざまな食品が値上がりするこのご時世、いつまでもこの価格でバイキングが楽しめるとは限りません。

ぜひ今度のお休みにでも、王丸の駅さんへと足を運んでみてはいかがでしょうか。

INFORMATION

店名:

王丸の駅

住所:

糸島市王丸668-2

電話番号:

092-331-0960

営業時間:

[月〜金]11:00~14:00
[土日祝]11:00~15:00

定休日:

不定休

一人当たりの予算:

〜¥1,000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

WRITTEN BY
tomo

tomo

Webライター

ホテルの支配人からWebライターに転身した異色の経歴を持つ。 会社員時代に半年間だけ過ごした福岡が気に入り、退職後に移住を決意。 現在はフリーランスのWebライターとして、さまざまなメディアで執筆中。 趣味は読書とゲームとプロレス観戦。 普段は奥さんと2人でまったりと生活しています。