カルビには白飯しか勝たん!糸島市の焼肉丼専門店「はやらせ亭。」で見つけた最強タッグを実食!

カルビには白飯しか勝たん!糸島市の焼肉丼専門店「はやらせ亭。」で見つけた最強タッグを実食!

糸島市は、福岡県でも屈指の観光スポット。

近年はインスタ映えを狙ったスポットやカフェなども増え、ますます活気づいています!

でも、たまにはオシャレなカフェで食事ではなく、ガッツリとお肉を食べたい時もありますよね。

「たまにはガッツリとお肉を食べたい!」
「お肉といったらカルビでしょ!」
「でも焼肉店に女性1人では入りにくい...」

そんなあなたにピッタリの店舗をご紹介します!

焼肉+丼もの=最強!焼肉丼専門店「はやらせ亭。」を流行らせたい!

早くご飯こないかなあ、焼肉といったら白い飯だろうが!

上記は“孤独のグルメ”の主人公、井之頭五郎さんの名言ですが、筆者もこの意見には激しく同意です。

・お肉が焼き上がるのに、白飯がこない

・白飯だけが先にきて、お肉が焼けた時には白飯が冷めている

焼肉店に行った際、筆者はこのような経験を何度もしています。

焼き上がったばかりのお肉を、アツアツのご飯でワンバウンドさせて口に入れ、すぐさまご飯をかき込む!これぞ焼肉の王道スタイルではないでしょうか。

そんな焼肉店での悩みを解決する店舗が、糸島にあります。

その名も、焼肉丼専門店「はやらせ亭。」さん。

※“モーニング娘。”と同じく、「。」までが店舗名

店名を聞いた時、筆者は思わず「その手があったか!」とうなりました。

お肉がのった丼ものといえば、大抵の人は「牛丼」を思い浮かべるでしょう。いつの間にか筆者も、お肉の丼もの=牛丼という固定観念にとらわれていました。

意外にありそうで、実はあまりなかった「焼肉丼」というスタイル。

確かに白飯の上に焼肉を載せた「焼肉丼」ならば、ジュージューと焼き上がったお肉と、アツアツの白飯を同時に食べられるじゃありませんか!

なるほど、決めつけは可能性を狭くするとはよく言ったものです。

しかも、こんな最強の組み合わせが流行らない訳ないのに、「はやらせ亭。」という、なんとも謙虚さがうかがえる店名。

筆者は曲がりなりにも、文字の力で情報を伝える“ライター”という職業。

ならば微力ではありますが、その魅力をミーツ糸島で発信し、「はやらせ亭。」を流行らせるのに協力いたします!

 

女性1人でも気軽に入れる店内

「焼肉は好きだけど、女性1人だとちょっと入りにくいかも」

そう悩んでいる女性の方、安心してください。店内はカウンター席がメインの、お一人さまでも入りやすいレイアウトになっています。

もちろん、テーブル席もありますよ◎

実際に筆者が訪れた際も、女性のお客様が1人という状況でした。

店内には大きめの観葉植物もあり、落ち着いた雰囲気。

また、大衆焼肉店にありがちな“煙モクモク状態”ではないため、服にニオイがつく心配もなさそうです。

 

名物はカルビ丼だけど…!

さて、まずはメニューを見てみましょう!

なるほど、やはり名物は焼肉の王道メニュー「カルビ」を使った丼ものですね。

ここは王道にのっとり「カルビ丼」を注文しましょう!

しかし…「ローストビーフ丼」も惹かれるなあ。

ムムッ!「よくばり丼」という全部載せのわんぱくメニューも選べるではありませんか。

ただし、よくばり丼はわんぱくなだけあり、特盛限定。

よくばり丼は、極限まで空腹に追い込んだ時に、頼むことにしましょう!

 

カルビ+白飯の最強タッグがコチラ!


店員さん

おまたせしました!カルビ丼です!


筆者

おおっ!!

お待たせしました!カルビ+白飯の最強タッグチーム「カルビ丼」がコチラです!

カルビ丼、千切りキャベツ、わかめスープの隙がない構成。

食べなくても本能が「美味い!」と感じるビジュアル。

そそりたつカルビの香り。

これです!こういうのを求めていたんですよ!


店員さん

お好みで韓国みそもどうぞ!

韓国みそ!味変まで楽しめるとは、恐るべしです。

写真撮影もそこそこに、さっそくいただきます!


筆者

…最高。

カロリー?炭水化物?そんなの知ったこっちゃありません。カルビ+白飯の最強タッグ「カルビ丼」の猛攻の前には、ダイエットなど無力と化します。

カルビは少しピリ辛ですが、ネギのアクセントも相まって旨味を引き上げています。何よりジュージューに焼き上がったカルビと、アツアツのご飯を同時に頬張れる幸せ。

これでまずいわけがありません。

さらに並盛でも十分なボリュームがあるため、食べ足りないという心配もなさそうです。

ここは本能のおもむくまま、カルビ丼にがっつきます!

ああ…幸せだなあ!

 

最強タッグのセコンド「韓国みそ」がリングイン!

カルビ丼が残り3分の1ほどになったころ、店員さんのあるセリフを思い出しました。

そうです、トッピングの韓国みそです!

ということで、さっそく韓国みそが置かれたコーナーへ向かいます。

お!韓国みそだけはなく漬物もありますね!コンビニ弁当の漬物までていねいに平らげる筆者としては、うれしいアイテムです。

韓国みそと漬物を拝借し、席に戻ります。

では、さっそく韓国みそをカルビ丼へリングイン


筆者

うまあああ!!

カルビ&白飯の最強タッグチームに、韓国みそのセコンドが乱入。まさに反則級の美味さです!

韓国みそ(テンジャン)は、日本の味噌と比べ風味が強いのが特徴。カルビとネギの風味に韓国みその風味が交わり、より甘辛いカルビ丼へと味が変わりました!

カルビ+ネギ+韓国みその波状攻撃が、筆者の口の中を襲ってきます。

美味すぎて頭が変になりそうだったので、たまらずわかめスープへロープエスケープ!

カルビ丼と韓国みその組み合わせ、恐るべしですね。

 

学生さんいらっしゃい!オーナーさんの優しさに涙!

カルビ丼との激闘後、オーナーさんに「記事に載せてほしい情報はありますか?」と尋ねたところ、以下の答えが返ってきました。


オーナーさん

学割サービスがありますので、学生さんもぜひ気軽にお越しください!

原材料費の高騰により、さまざまな商品やサービスが値上げする中、あえて学割サービスをアピールするとは!

オーナーさんの愛情に、ただただ涙するばかりです。

筆者も学生時代は安い豚肉がメインで、カルビなんてめったに食べられませんでした。

学生さんならボリューム満点のカルビ丼が、100円引きの630円(税込)で食べられます!

ああ、こんなお店が近くにあったら良いのに・・・!


オーナーさん

あ、Uber Eatsでも注文できますよ!

さすがです。顧客の要望にもれなく応えるその姿勢。

はやらせ亭さん、参りました!

 

最強タッグに為す術もなく完敗しました…!

焼肉丼専門店「はやらせ亭。」さんは、焼肉と白飯の最強タッグを最高の状態で食べられる、焼肉好きにはたまらないお店でした。

「焼肉といったら白い飯だろうが!」

そんな願いを見事に叶えた、はやらせ亭さんのカルビ丼。カルビと白飯の最強タッグを前に、筆者は為す術もなく完敗しました。

ぜひこの最強タッグの強さを、あなたも体験してみてはいかがでしょうか。

INFORMATION

店名:

焼肉丼専門店 はやらせ亭。

住所:

福岡県糸島市高田2丁目20-28

電話番号:

092-324-3344

営業時間:

【ランチ】11:00~14:30
【ディナー】18:00~21:00

定休日:

月曜日

一人当たりの予算:

¥1,000〜¥2,000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

WRITTEN BY
tomo

tomo

WEBライター

ホテルの支配人からWEBライターに転身した異色の経歴を持つ。 会社員時代に半年間だけ過ごした福岡が気に入り、退職後に移住を決意。 現在はフリーランスのWEBライターとして、さまざまなメディアで執筆中。 趣味は読書とゲームとプロレス観戦。 普段は奥さんと2人でまったりと生活しています。