糸島ハロークラフト
糸島ハロークラフト
糸島・吉井「いとしま豚のお店BuuBu」のHOTロースカツサンドがアツうまい!

糸島・吉井「いとしま豚のお店BuuBu」のHOTロースカツサンドがアツうまい!

突然ですが、筆者から1つ質問させてください。

あなたが好きな、「サンドイッチの具」は何ですか?

「ツナサンドでしょ!」
「いやいや、ハム野菜サンドですね」
「たまごサンドしか勝たん!」

確かに「ツナサンド」「ハム野菜サンド」「たまごサンド」の3つは人気ですよね。コンビニなどで販売している「ミックスサンド」も、この3つで固定されがちです。

ちなみに筆者は、ボリュームがあって満足感の高い「カツサンド(とんかつサンド)」が一番好きです。肉汁&ソースがパンに溶け込む絶妙なハーモニー、たまりません。

そんな大好きなカツサンドを専門に扱う「カツサンドカフェ」が、糸島にあるという情報をキャッチしました!

カツサンド好きの筆者としては、見逃せない情報です。さっそく取材へ行きましょう!

注文が入ってから揚げる!できたてアツアツのカツサンドを召し上がれっ!

「いとしま豚のお店BuuBu」さんへのアクセス

カツサンドカフェを営む「いとしま豚のお店BuuBu」さんは、JR福吉駅から徒歩5分、国道202号沿いにあります。

以前下記の記事で紹介した、行列ができる人気店「手打蕎麦すみくら」さんのすぐ近くです。

車とJR、どちらでもアクセスしやすいのがうれしいですね。

そんな「いとしま豚のお店BuuBu」さんの、外観がコチラ!

某北欧家具のお店を彷彿とさせる、青と黄色のアクセントカラーを基調としたデザイン。

「BuuBu」という1才児が言いそうなかわいらしい店名も、お店の雰囲気に良く合っています◎

そして店外に設置されたのぼりには、「カツサンド」の文字が!「たいへんおいしくできました」とのことで、これは期待が膨らみます!

では、さっそく入店してみましょう。

 

店内は直売所+カフェスペース

店内には、お肉や野菜などが買える「直売所」と、カツサンドを食べられる「カフェ」があります。

店内で飲食する場合は「カフェ」を、お弁当やカツサンドをテイクアウトする場合は「直売所」のスペースを利用しましょう。

カフェスペースの内装は、こんな感じです。テーブル席が4つの他に、カウンター席も設置されています。ひとりでもグループでも、ゆったりと食事を楽しめそうですね。

奥のテーブル席へと座り、メニューを拝見します。

 

HOTなカツサンドメニューたち

「ロースカツサンド」「メンチカツサンド」「チキンカツサンド」、ファミスタで強打者ばかり集めて作ったチームのような、ホームラン確定のメニュー表です!

「ソーセージエッグサンド」を除けば、サンドイッチはカツサンドのみ。カツサンド好きなら、思わずガッツポーズしたくなるメニュー表ですね。

さらに「数量限定メニュー」も強打者ぞろいです「リブロースカツ」「ミルフィーユカツ」「ももカツ」の、とんかつ界の三銃士がラインナップ。

しかもすべてのカツサンドが「HOT」、つまりホットサンドで提供されます。注文が入ってから作る揚げたてのとんかつを、アツアツのホットサンドで挟む!

う〜ん、想像しただけでもヨダレが出そうです。じゅるり。

いかん、心なしか店員さんが変な目で見てる気がする!早く注文しないと…!


HOTロースカツサンドセットをお願いします!ドリンクはホットコーヒーで!

焦ってすんごい早口でオーダーしてしまう筆者(笑)。

それはさておき、やはりここは人気No.1の「HOTロースカツサンドセット」でしょう!オニオンリングも気になったので、単品ではなくセットで注文します。

無事に注文を終えたことですし、待っている間に「直売所コーナー」を覗いてみましょう。

 

糸島のブランド豚「伝助」

直売所コーナーでは、「いとしま豚のお店BuuBu」さんの看板商品である糸島のブランド豚「伝助」が販売されています。

「伝助(でんすけ)」とは?

糸島の自然豊かな山「雷山(らいざん)」にて飼育されたブランド豚。

地下70メートルから組み上げられる天然水や、植物性由来に限定した肥料を与え、1頭1頭に時間をかけ丁寧に飼育しています。

「煮てよし」「焼いてよし」「茹でてよし」「揚げてよし」の伝助は、まろやかで甘い旨味が特徴のブランド豚。とてもキレイな色をしており、見た目も非常に美味しそうです!

お肉と一緒にぜひ買いたい、新鮮なお野菜も販売しています。どなたかは存じ上げませんが、「宮崎さん家のさつまいも」が気になりますね!

こちらはNPO法人の障害者福祉施設「みらい」さんが手掛けた、ハンドメイド商品の販売コーナー。

「ドラえもん」かわいすぎっ!お隣の「ドラミちゃん」とセットで欲しくなりますね!1つひとつのクオリティも高く、小さいお子さんへのプレゼントに良さそうです◎


お待たせしました〜!

待ってましたっ!カツサンドが出来上がったようです!

さっそく席へと戻ります。

 

No.1メニュー「HOTロースカツサンドセット」

「いとしま豚のお店BuuBu」さんの「HOTロースカツサンドセット」がコチラです。

●HOTロースカツサンドセット 700円(税込)

まるで「食パン如きで私は収まらんぞ!」といわんばかりに、HOTサンドから突き出たとんかつ。カツサンドのイメージを覆す、インパクト大のビジュアルです。

もう食べなくても「美味いっ!」と分かる、100点満点の断面図。

写真撮影もほどほどに、カツサンドが冷めないうちにいただきましょう!


筆者

うん〜まっ!!

カリッ!ザクッ!ジュワ〜!

口に入れた瞬間、ホットサンドのカリッ!とした食感に、カツサンドのザクッ!とした小気味よい歯ごたえ、そして口の中でジュワ〜!っと広がる甘めの肉汁…!!

恐るべし糸島のブランド豚!恐るべし伝助!

これまで「伝助」と言えば、釣りバカ日誌の「浜崎伝助(ハマちゃん)」しか浮かびませんでしたが、いまこの瞬間から伝助といえば、「いとしま豚の伝助」へとイメージが変わりました。

特にこの甘みのある肉汁がたまりません。もはや水筒に入れて持ち歩きたいくらいです(笑)。

カツとソースの相性も文句なし。「カリッ!ザクッ!ジュワ〜!」の無限ループを、永遠に楽しみたいと思えるほどの美味さです。こりゃたまらんっ!

 

オニオンリング&ハッシュドポテト

気づいたらカツサンドを1つ平らげてしまっていたので、ここはオニオンリングハッシュドポテトで箸休めといきましょう。


あま〜いっ!!

箸休めとか言ってすみません、オニオンリングさん。抜群に美味いです。伝助豚の肉汁とはまた違う、たまねぎの優しい甘みが口の中を癒します。

そしてハッシュドポテトも美味い!ホクホク&カリカリの食感が、クセになる美味さです。

なるほど、アカデミー賞に助演男優賞や女優賞があるように、主役のカツサンドをより引き立てるには、オニオンリングやハッシュドポテトといった名助演が必要なんですね。

さすがNo.1メニューの「HOTロースカツサンドセット」カツサンド界のアカデミー賞は、あなたに決定です!

 

まとめ

ここまで糸島・吉井にある「いとしま豚のお店BuuBu」さんの、HOTロースカツサンドを紹介してきました。

糸島のブランド豚「伝助」を使ったアツアツのカツサンドは、一度食べたらハマること間違いナシです!

また今回は食べられませんでしたが、店員さんいわくカツサンドだけではなく「糸島豚コロッケ」もオススメだそう。次回はぜひ、コロッケも食べてみたいですね!

では、記事の最後にもう一度、質問させてください。

あなたが好きな「サンドイッチの具」は何ですか?

「いとしま豚のお店BuuBu」さんは、サンドイッチ好きのあなたをお待ちしています。

INFORMATION

店名:

いとしま豚のお店BuuBu

住所:

糸島市二丈吉井3567-8

電話番号:

092-332-9662

営業時間:

9:00〜17:00
※カフェスペースは11:00〜15:00

定休日:

水曜日

一人当たりの予算:

〜¥1,000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

WRITTEN BY
tomo

tomo

Webライター

ホテルの支配人からWebライターに転身した異色の経歴を持つ。 会社員時代に半年間だけ過ごした福岡が気に入り、退職後に移住を決意。 現在はフリーランスのWebライターとして、さまざまなメディアで執筆中。 趣味は読書とゲームとプロレス観戦。 普段は奥さんと2人でまったりと生活しています。