弥生時代にタイムスリップ!糸島の歴史を巡るモデルコース!

弥生時代にタイムスリップ!糸島の歴史を巡るモデルコース!

modelcourse

WRITTEN BY
meets糸島編集部
meets糸島編集部
  1. グルメもフォトスポットも1日で満喫!博多駅発、糸島観光モデルコース
  2. 弥生時代にタイムスリップ!糸島の歴史を巡るモデルコース!
    #1

    この記事を読んでいます

    弥生時代にタイムスリップ!糸島の歴史を巡るモデルコース!

突然ですが魏志倭人伝をご存知でしょうか?

歴史の教科書でその名を聞いた方も多いことでしょう。

糸島市内には古代遺跡や日本最大級の銅鏡が出土しており、糸島市は魏志倭人伝に登場する「伊都国」の最有力候補と呼ばれています。

1965年に偶然発見された「伊都国女王の墓」とされる「平原遺跡」。
出土物の国宝を展示する「伊都国歴史博物館」。

今回は、糸島の歴史を巡るコースをご紹介いたします!

糸島の歴史を知るともっと糸島を好きになる!?弥生時代に思いを馳せる歴史ツアー!

 

「平原遺跡」へのアクセス

前原ICから車で13分。

糸島高校前駅から車で10分に位置する「平原遺跡」。

駐車場は北側と南側に2箇所あり北側の駐車場にはトイレが併設されています。

メインとなる北側駐車場から遺跡へは1本道となっており、遺跡に向かうまでのルートには指定文化財の旧藤原家住宅、前原遺跡に関する案内板が設置されています。

遺跡に向かう直線にはコスモス畑が並び、見頃は例年10月上旬から下旬ごろ。

地元の方々が観光客の人々に楽しんでもらおうとはじめたようです。

 

伊都国女王の墓

コスモス畑を抜けると平原遺跡1号墓が見えてきます。

こんもり台形に盛り上がった王墓は大きさ14メートル×10メートルの長方形。

近づくとその大きさがよくわかりますね。

王墓の中には3メートルの木の棺が収められていて、棺の周りからは40枚の銅鏡、勾玉(まがたま)等のたくさんのアクセサリーが出土。

銅鏡は太陽を象徴したものと言われており、女王は銅鏡を祭司の道具として使いシャーマン(祈祷師)のような人物だったと考えられます。

武器が出てこなかったことからも女王の墓とも言われています。

この女王が誰だったのか諸説あり「天照大御神(アマテラスオオミカミ)」や「卑弥呼」とも考えられます。

こういったミステリーがあるところが歴史好きの心を刺激しますね。

INFORMATION

店名:

平原遺跡

住所:

福岡県糸島市有田1

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

 

伊都国歴史博物館

さて、平原遺跡を巡った後は出土品を展示している「伊都国歴史博物館」へ。

平原遺跡からは車で7分。こちらも数十台止められる駐車場も完備されています。

平原遺跡の鏡出土状況を再現した常設展示室は必見です。

平原遺跡の鏡などの出土状況を再現した原寸大の模型。

平原遺跡が発見されたのは1965年。

地元の考古学者・原田大六の指揮下に調査が行われ、1号墓からは、直径46.5センチの白銅鏡(日本最大)4面を含む39面の銅鏡片の他、勾玉、鉄刀等が出土し2、世紀半ばの弥生時代後期の王墓とわかりました。

2006年に出土品全てが国宝に指定され、伊都国歴史博物館に展示されています。

この遺跡で最も特徴的な出土品は4面の「内行花文八葉鏡」です。

原田大六はこれを天皇家の三種の神器「八咫の鏡」の同型鏡と考えます。

現在皇室が所有する八咫の鏡は伊勢神宮にあり、これまで一度も公開されていません。

しかし伊勢神宮に伝わる記録と平原出土の大鏡は、大きさも形状もピタリと一致しています。

王女が来ていたであろう服を再現。

出土品のアクセサリー等を見ると女性の王様だったことが伺えます。

 

伊都国甕棺ロード

廊下に並ぶのは「伊都国甕棺ロード」と名付けられた弥生時代の遺体埋葬棺。

土器の中にかがんだ姿の遺体を収めて埋葬します。

 

歴史好きなら「考古検定」

なんと考古検定のチラシを発見。

インターネット受験が可能なので考古学にご興味ある方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

歴史の教科書で見ていた銅剣、勾玉、アクセサリー等が並びます。

日本最大の銅鏡「変形内行花文八葉鏡」。

 

さらに詳しく知りたい方は「図書コーナー」

4階には、広大な糸島平野を見渡せる展望スペース、図書コーナー、映像スペース等を設置しています。

平原遺跡を知った後はこの椅子に座って過去に思いを馳せるのも良い時間となりそうですね。

きっと糸島の大自然が過去にタイムスリップさせてくれるはず。

 

まとめ

今回は伊都国の歴史を巡るモデルコースをご紹介しました!

実際に訪れてみて、歴史を学び、その土地と向き合うことでより深く糸島を知れる機会となりました。

糸島と聞くと海沿いのお洒落なイメージが強いですが、歴史を振り返ると伊都国がそこに存在していた証や歴代の王女がいたこと交易の起点となっていたことが記されていました。

次のご予定は歴史を巡る旅に足を運んでみてはいかがでしょうか。

INFORMATION

店名:

伊都国歴史博物館

住所:

福岡県糸島市井原936

電話番号:

092-322-7083

営業時間:

9:00~17:00

定休日:

月曜日

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。