糸島への移住をおすすめする理由5選!糸島在住34年のベテランに聞いてみた

糸島への移住をおすすめする理由5選!糸島在住34年のベテランに聞いてみた

「糸島への移住について詳しく知りたい!」
「糸島へ移住するメリットとデメリットは?」
「糸島へ移住する際の相談先は?」

このような悩みを抱える方へ向けて、糸島の移住をおすすめする理由やメリット・デメリットについて紹介します。

なお、今回は糸島市役所「コミュニティ推進課」坂本さんのご協力のもと、糸島市定住支援員の松尾さんから、糸島の移住について色々とお答えいただきました。

糸島への移住に興味がある方は必見の内容ですので、ぜひ最後までご覧くださいね。

糸島へ移住したいなら必見!おすすめの理由やメリット・デメリットについて、糸島のベテランが徹底解説!

糸島への移住をおすすめする理由5選


松尾さん

糸島への移住をおすすめする理由は、次の5つです!

・自然豊かな環境に住める

・福岡都市圏へのアクセスが良い

・移住者に対しての寛容性が高い

・市街地と自然が近い

・首都圏や福岡の都市部と比べ地価が安い

糸島の魅力を知るには、やはり現地に住む人に聞くのが一番ですよね。

ということで、糸島に在住して34年の松尾さんが、こころよくご相談に応じてくれました!

松尾 隆文さん

今回、取材に答えてくださった方

松尾 隆文さん

糸島に34年在住している、糸島市定住支援員。
古民家にて薪割り人生を謳歌されているそう。

糸島に34年在住している、糸島市定住支援員。
古民家にて薪割り人生を謳歌されているそう。

では、それぞれ詳しく解説しますね。

 

①自然豊かな環境に住める

自然豊かな土地柄は、糸島最大の魅力といっても過言ではありません。

主な海スポット

芥屋の大門(日本最大の玄武岩洞)

二見ヶ浦(夫婦岩が有名な映えスポット)

幣の浜(弓張状に6キロ続く景勝地)

主な山スポット

可也山(糸島富士と呼ばれる糸島のシンボル)

立石山(ハイキング初心者にもおすすめ絶景スポット)

白糸の滝(アジサイに囲まれた美しい滝)

上記のように、糸島は海と山それぞれの自然を、思う存分に満喫できる場所。

自然豊かな土地へ移住したいのなら、糸島市がおすすめです。

 

②福岡都市圏へのアクセスが良い

福岡都市圏へのアクセスが良いのも、移住をおすすめする理由の1つ。

下記の記事でも紹介している通り、糸島の玄関口となる筑前前原駅から博多駅までは、40分(乗り換えなし)で行けちゃいます!

博多から糸島までのアクセス方法、糸島での交通手段ガイド

福岡空港駅からも、直通で約45分と近いため、空港へのアクセスも問題ありません。

東京ー福岡間の航空便も豊富にあるので、首都圏と福岡の往来が多い方にもおすすめです。

 

③移住者に対しての寛容性が高い

糸島市は移住者に対しての寛容性が高いため、安心して移住できる場所です。

都市圏から地方へ移住した方でも、いわゆる「よそモノ」扱いされることはありません。


松尾さん

移住者同士のつながりはもちろん、地元の方も温かく接してくれますよ!

脱サラして農業を始める人、リモートワークがきっかけで家族と移住する人など、さまざまな人がさまざまな理由で糸島市へ移住しています。

移住者が多い地域ならではの“ウェルカム感”があるため、移住しても疎外感を感じることはないでしょう。

 

④市街地と自然が近い

糸島の市街地と自然が近いのも、糸島ならではの魅力といえます。

糸島は、イギリスの情報誌「MONOCLE(モノクル)」にて、「世界で最も魅力的な小都市」の世界3位にも選ばれたほど、小都市としての魅力が詰まった街です。

「世界で最も魅力的な小都市」糸島市が世界3位にランクイン!

糸島の市街地と自然が近いため、観光地としての良さだけではなく、生活地としての良さも十分にあります。

観光地にありがちな、「観光には良いけど生活には不便」ということもありません。

 

⑤首都圏や福岡の都市部と比べ、地価が安い

首都圏や福岡の都市部と比べ、糸島は地価が安く住みやすい街です。

市区町村

地価平均

中央区(東京都)

795万1375円/m2

博多区

97万7230円/m2

糸島市

4万3125円/m2

参照サイト:土地代データ

上記を見ても分かる通り、糸島市は首都圏や都市部の地価平均と比べ、かなり割安なのが分かります。


松尾さん

博多区との差は90万円以上!この差は大きいです!

また、下記サイトから糸島の空き家や空き地バンクを検索できますので、興味のある方はぜひご覧ください。

 

糸島へ移住するメリット


松尾さん

糸島へ移住するメリットを3つ紹介します!

・新鮮な食材が豊富

・自然を活かした趣味を満喫できる

・地域コミュニティが活気づいている

それぞれ詳しく解説しますね。

 

①新鮮な食材が豊富

糸島は農林水産業が盛んなため、新鮮な海の幸や山の幸がとにかく豊富にそろっています。

ブランド化もされている糸島野菜や、玄界灘で獲れた新鮮な魚が、地元のスーパーや直売所にて手頃なお値段で買えるんです。


松尾さん

ちなみに糸島は、天然真鯛の漁獲量が9年連続で日本一なんです!

新鮮なお魚やお野菜が豊富に手に入るため、毎日の食生活が楽しくなりますよ。

 

②自然を活かした趣味を満喫できる

海と山の自然を活かした趣味を、思う存分に満喫できるのも魅力です。

糸島にはサーフィンや釣り、ハイキングやゴルフなど、海と山を活かしたレジャースポットが豊富にあります。


松尾さん

ちなみにゴルフ場は6つあります!


tomo

6つも!ゴルファーには最高の場所ですね!

また、観光スポットやインスタ映えスポットも豊富なため、サイクリングやドライブが好きな方にもおすすめですよ!

 

③地域コミュニティが活気づいている

地域コミュニティが活気づいているのも、糸島に移住するメリットの1つです。

一定の区域ごとに形成される「自治会」や「町内会」の活動が盛んなため、移住者が疎外感を感じることもありません。

また、オープンコミュニティスペースなどを通して、住民同士のコミュニティを深めることもできます。


tomo

みんなのさんは、おすすめのコミュニティスペースです!


松尾さん

お互いがお互いを気にかけ、支え合う基盤ができていますね!

 

糸島へ移住するデメリット


松尾さん

糸島へ移住する際に、気をつけておきたいデメリットは2つです!

・車がないと不便に感じる

・地域コミュニティ活動に不慣れだと戸惑う

1つずつ解説します。

 

①車がないと不便

糸島市内には駅から離れたエリアも多いため、車がないと生活が不便になりがちです。

バスも巡回はしていますが、本数は決して多くはありません。

車がなくても住めなくはありませんが、より便利に住むなら車かバイクの所有をおすすめします。

 

②地域コミュニティ活動に不慣れだと戸惑う

地域コミュニティ活動が盛んなエリアのため、地域コミュニティ活動に慣れていないと戸惑うことがあります。

糸島の美しい自然や街並みは、地域住民や移住者の活動によって維持されています。

特に首都圏から移住する場合は、コミュニティ活動が盛んであることを頭に入れておきましょう。

1人でひっそりと暮らしたいという方には、デメリットになるかもしれません。

 

糸島移住のQ&A


松尾さん

糸島移住のよくあるQ&Aについて紹介します!

Q:移住を希望しているけど、どこに相談すればいい?

下記窓口までお問い合わせください。

電話でのご相談のほか、オンラインでの相談も可能です。

糸島市 地域振興部 コミュニティ推進課 人口減少地域対策係

※来庁の際は事前に連絡するとスムーズです

TEL:092-332-2062

E-mail:community@city.itoshima.lg.jp

オンライン移住相談:https://itoshimalife.city.itoshima.lg.jp/online/

Q:結婚を機に糸島への移住を検討しているけど、支援金はある?

糸島市結婚新生活支援金をご利用ください。

一定の要件を満たす新婚世代に、糸島市から最大60万円までの補助金を受けられます。


松尾さん

Uターンや多世代同居など、結婚を機に移住される方はぜひご活用ください!

 

まとめ

糸島の移住について、移住のメリットやデメリット、移住をおすすめする理由について紹介してきました。

・自然の豊かさ

・都市圏へのアクセスの良さ

・移住者に対しての優しさ

・市街地と自然の位置関係

・地価の安さ

糸島への移住をおすすめする理由は、上記の5つです。

 

また、移住のメリットとデメリットとしては、次のようなものがあります。

・メリット

新鮮な食材が豊富、自然を活かした趣味を満喫、地域コミュニティが活発

・デメリット

車がないと不便、地域コミュニティに不慣れだと戸惑う


松尾さん

メリットだけではなくデメリットも知った上で、移住をご検討くださいね!


tomo

松尾さん、ご協力ありがとうございました!

今回の内容を参考に、ぜひ糸島への移住を検討してみてはいかがでしょうか。

WRITTEN BY
tomo

tomo

Webライター

ホテルの支配人からWebライターに転身した異色の経歴を持つ。 会社員時代に半年間だけ過ごした福岡が気に入り、退職後に移住を決意。 現在はフリーランスのWebライターとして、さまざまなメディアで執筆中。 趣味は読書とゲームとプロレス観戦。 普段は奥さんと2人でまったりと生活しています。